2018年11月09日

「皆で行ける!東京2020オリンピック水泳決勝チケット(宿泊ホテル付)当たる! 」P&Gプレゼントキャンペーン

content_KV.jpg

[P&GさまのPR活動に協力しています]

テレビでも新聞でも、東京2020オリンピックの話題を目にすることが多い今日この頃。
いよいよ近づいてきている実感がしますね!
「競技を見に行きたい!」と思っている方にオススメしたいキャンペーンをご紹介します。

「皆で行ける!東京2020オリンピック水泳決勝チケット(宿泊ホテル付)当たる! 」P&Gプレゼントキャンペーン
キャンペーン詳細はこちら!

<プラチナコース>
P&Gの商品を合計2,500円以上お買い上げのレシートで応募できる、プレゼントキャンペーンです。
当たるのは、日本人選手の活躍に期待がかかる、東京2020オリンピック水泳決勝チケットです。
しかも家族で観戦できるようにと4名25組、合計100名!
さらに、宿泊ホテルも付いているのもうれしいですね。

<ゴールドコース>
こちらのコースは、P&Gの商品を合計1,000円以上お買い上げのレシートで応募できるキャンペーン。
オリンピックや世界選手権で活躍するスケーターによる、2019年アイスショー観戦チケットが当たります。千葉県幕張と関西で開催予定(2019年5〜6月予定)で、合計ペア200組400名様をご招待。

<シルバーコース>
P&Gの商品を合計1,000円以上お買い上げのレシートで応募できるシルバーコースは商品券10,000円分が500名様に当たります!

<ブロンズコース>
P&Gの商品を合計500円以上お買い上げのレシートで応募できるブロンズコースはP&G商品のギフトセットが2000名様に当たります。

応募はWEBまたは郵送で簡単に応募できます♪
アリエールやボールド、レノアなど普段の生活に身近な商品を展開しているP&Gですので、応募条件の金額を達成するのも難しくなさそうですね。

「ママの公式スポンサー(Thank You, Mom)」を世界共通のキャンペーンテーマとして掲げるP&G。2020年のオリンピック東京大会まで、アスリートと彼らを支え続けてきた“ママ”を応援しています。アスリートとその家族の絆をフィーチャーすることで、誰もが母親や家族への感謝の気持ちに気づくきっかけになればという思いが込められているそうです。家族でオリンピック観戦をすることができれば、きっと家族のいい思い出にもなりますね、

気になる方は、ぜひご応募してみてください♪

キャンペーン詳細はこちら!







posted by mona at 23:15 | Comment(0) | ソウル 18年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

ソウルの旅'18年9月 市庁・ホテルグレイスリーソウル

gracery05.jpg

Gminiリボン2018年9月ソウル旅行の最後の記事です。
最初から読んでくださる方はこちら

9月のソウル旅行、1泊目は東横イン東大門、
2泊目は8/31にオープンしたばかりの「ホテルグレイスリーソウル」に宿泊しました。
ホテルグレイスリーソウルは、日本の藤田観光グループのホテル。
以前、奈良でホテルフジタ奈良に泊まったことがあって、いい印象だったことと、
オープニング価格で、9,000円弱と手ごろな価格だったので決めました。

gracery23.jpg

場所は↑のMAPの★のところです。
わたしはバスを利用していたのですが、
地下鉄1号線2号線支庁駅から歩いて5分くらいのようです。
明洞まで歩いて行ける距離です。ロッテデパートまで10分くらいかな。

gracery07.jpg

バス停からは歩いて2分くらい。「ブクチャンドン 南大門市場」というバス停です。
このバス停から262番のバスに乗れば、
ソウル駅の西側、空港鉄道の入り口のすぐ近くまで行けるので便利でした。

gracery04.jpg

ホテルは大きなビルの中に入っていて、1FにはコンビニのCUが入っています。

gracery01.jpg

フロントは11Fにあります。フロントの方は日本語バッチリでした。

gracery03.jpg

わたしはフロントの横から入っていく11Fの部屋に通されました。ダブルルームです。
出来たばかりなのでもちろんきれい!ベッドの寝心地もよかったです。

gracery06.jpg

テーブルセットがあるのも余裕があっていいですね。

gracery17.jpg

ベッドの向かいには大きなテレビがあります。

gracery16.jpg

ベッドのすぐそばには種類豊富なコンセント。
新しいホテルはこういうところがいいですね。
110Vの電化製品も使えます。USBもあるので、いろいろ充電できそう。

gracery08.jpg

窓からの眺めは世宗大路でした。

gracery21.jpg

何よりうれしいのは、トイレとバスが別なところ。
手ごろな価格でこのタイプのホテルが増えたらいいのに〜。
お風呂は十分な広さ。お湯をためてお風呂に入り、疲れが取れました。

gracery22.jpg

シャンプーやボディソープは大きいタイプ。
ちゃんと風呂椅子や洗面器もあります。

gracery02.jpg

トイレはシャワー付きですよ〜。ピカピカ。

gracery18.jpg

洗面所もおしゃれ!無料のお水がありました。

gracery13.jpg

アメニティは歯ブラシやブラシなど。
入浴剤があったので使いました。

gracery14.jpg

スリーパータイプのナイトウェアも。

gracery15.jpg

スリッパは使い捨てタイプ。

gracery20.jpg

ドライヤーも十分なパワーのものです。

gracery10.jpg

アクセサリーケースがあるのもいいですね。忘れ物が減りそう。

gracery11.jpg

ハンガーもたっぷり。クローゼットはオープンタイプだったかな?

gracery19.jpg

冷蔵庫もありますよ〜。

gracery12.jpg

使っていないけれど、ティーセットはこんな感じ。

gracery09.jpg

チェックインする時には、女性限定かな?
化粧水やクレンジングセットをもらいました。
ソルファスっていうのがうれしいですね〜。

ということで、いつも安いホテルに泊まっている私には十分すぎるホテルでした。
場所も便利だし、また泊まりたいな〜。

tホテルグレイスリーソウル
ソウル特別市中区世宗大路12ギル12



 





posted by mona at 00:05 | Comment(0) | ソウル 18年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

ソウルの旅'18年9月 聖水・Lowkey Coffee

lowkey5.jpg

「À Côté du Parc」の次にやって来たのは、聖水(ソンス)の「Lowkey 聖水(ローキー ソンス/로우키성수)」。
もともと南楊州市という街にあるカフェで、7月に聖水店がオープンしたのだそうです。
こちらもInstagramで見て、好みだわーと思い、やってきました。
コーヒーロースターがやっているカフェのようなので、コーヒーもきっとおいしいはず。
地下鉄2号線 聖水駅から徒歩6分くらいです。

lowkey3.jpg

この看板が目印。
以前、訪れたカフェ「or.er.」の近くです。
>その時の記事

店内に入り、まずカウンターで注文をします。わたしは、カフェラテにしました。
お店の方の感じもよかったです。

lowkey2.jpg

そして、隣のスペースでコーヒーをいただきます。
韓国のカフェによくある大きなテーブルをみんなでシェアするタイプ。
これは人が落ち着いた時に撮ったのですが、わたしが訪れた時はほぼ満席。
「どうしようかな」と思っていたら、お姉さんが席を詰めてくれて、
「隣にどうぞ」とジェスチャーしてくれたのがうれしかったです。
何気ない交流ですけど、ほっとしますね。

lowkey7.jpg

カフェラテはW4,500→約450円。
グラスに入ってるけど、ホットです。
トレーやグラスもオリジナルでどれも素敵〜。
もちろんコーヒーもおいしかったです。

lowkey6.jpg

店内もシンプルでおしゃれ。この雰囲気いいな。
お客さんも、わたしが行った時は大人の人が多く、
ゆっくりと自分の時間を楽しんでいる感じでした。
落ち着いた感じでとてもよかったです。

lowkey4.jpg

店内の写真も撮影させていただきました。
コーヒー豆やバッグなどグッズを販売していました。

lowkey1.jpg

わたしはおみやげ&自分用にドリップバッグのセットを購入。
ドリップバッグが7つ、この巾着にはいってW10,000→約1000円だったかな。
ブレンド、シングルオリジンがランダムに入っていました。
さすが、コーヒーロースターですね。
日本に帰って飲みましたが、ドリップバッグでも十分おいしかったです。
次に訪れたら豆を買ってみます!

また行きたいカフェになりました。おすすめです。

tLowkey 聖水(ローキー ソンス/로우키성수)
ソウル特別市 城東区 練武場3キル6
서울특별시 성동구 연무장3길6
HP http://lowkeycoffee.com/
Instagram https://www.instagram.com/lowkey_coffee/



  






posted by mona at 20:34 | Comment(0) | ソウル 18年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする