2017年04月04日

京都の旅'17 大徳寺 瑞峯院

zuihou07.jpg

「はしもと珈琲」から歩いてすぐのところにある「大徳寺」にやってきました。
久しぶりの大徳寺。塔頭の瑞峯院(ずいほういん)に向かいます。
前回の記事では工事中で見られなかったと書いているので、たぶん10年ぶりくらいかな。ひえー。

zuihou08.jpg

九州ではおなじみのキリシタン大名、大友宗麟が菩提寺として1533年頃に開いたのだそう。
方丈は創建時に建立されたままで、それを囲む庭園は重森三玲が1961年に手がけたものます。

zuihou05.jpg

こちらは方丈正面の独坐庭
荒波が打ち寄せる蓬莱山の風景を現しているそうです。

zuihou04.jpg

こちらは茶庭
苔が茶色くなっているけど、春以降はきれいでしょうね。

zuihou03.jpg

そして閑眠庭
こちらは、7個の石組みで十字架を現したという庭です。
キリシタンだった大友宗麟にちなんだお庭ですね。
どうやったら十字架に見えるのかずっとわからなかったのですが、
今画像検索していてわかりました。私はずっと逆から見ていた…。

zuihou02.jpg

こちらは方丈の北にある安勝軒という茶室です。
表千家の様式で作られたそうです。

zuihou01.jpg

どれも大きい庭ではないけど、ダイナミズムや静寂など、
それぞれに違う表情を感じられて面白いです。

t大徳寺 瑞峯院
京都市北区紫野大徳寺町81
9:00〜17:00
400円
休みなし



  





posted by mona at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 17年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448731262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック