2016年10月19日

ストックホルムの旅 ガムラスタン散策

gamla06.jpg

ヒョートリエット(Hötorget)駅から地下鉄に乗り、ガムラスタン(Gamla Stan)駅にやってきました。
前日も行きましたが、どこも閉まっていたので…
ガムラスタンは旧市街で、古い街という意味なんだそうです。
スターズホルメン島一帯がそう呼ばれます。

gamla02.jpg

ストックホルムは「魔女の宅急便」のモデルになった街と公式発表されています。
「魔女の宅急便」はわたしが初めて見たジブリ作品。
思い入れもほかの作品以上!挿入曲も歌詞付きで歌えるほどです。
そんな舞台に来れてうれしいな〜。
ガムラスタンにある大聖堂(上の写真)は時計台のモデルになったのでは?と言われています。
わたしが一番「魔女の宅急便と同じだ!」と思ったのはパトカーの音でした。

gamla03.jpg

そんな旧市街・ガムラスタンは観光地という感じ。
みやげもののお店があったり、両替店があったり。
この旅で一番人が多かった場所かも!

gamla04.jpg

アンティークのお店もいろいろあるみたいだけど、この日は日曜だったのでことごとくお休みでした。

gamla07.jpg

これはノーベル博物館。
中に入っていないので、どんなものがあるのかわかりません…。

gamla01.jpg

イリス ハントバークは日曜も開いていました。
クリッパンのブランケットなどありました〜。
ちなみにイリス ハントバークの商品は、
後に行くタリンの雑貨店でもけっこう見かけました。

gamla08.jpg

おなかが空いたのでランチ。
適当にカフェに入り、ニシンのフライを食べました。
マッシュポテトがたっぷり。
これ1皿で129SEK → 約1550円。高い〜。
(1SEK=約12円で計算しています)
お味はまずまずでしたが、見た目はきれいですね。