2016年11月26日

ヘルシンキの旅 LAPUAN KANKURIT&帰国

lapan03.jpg

ヘルシンキ最後の記事です。
>最初から読んでくださる方はこちら

ヘルシンキでもう一つ訪れたいと思っていた「LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)」。
ラプアン カンクリはフィンランドのテキスタイルブランド。
フィンランド西部のラプアという町で生まれ、ブランド名は“ラプアの織り手”という意味なのだそうです。
ラプアにはファクトリーアウトレットがあるみたい。

ヘルシンキのお店はヘルシンキ大聖堂の近くにあります。
ピンクとグレーの外観がかわいい。

店内にはウールのブランケットやショールのほか、
キッチンで使えるリネングッズなどさまざまなアイテムが並んでいました。
福岡のイラストレーター鹿児島睦さんのデザインのアイテムもあり、同じ日本人としてうれしくなりました。

lapan04.jpg

私は欲しかったポケットショールを購入。
部屋の中でも、ちょっとしたお出かけにも使えるかわいいショールです。
選んだのはMariaという柄ですが、ほかに無地のものなどいろいろありました。
日本よりお手頃ですし、免税もしてもらうことができるのがうれしいですね。

tLAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)
Katariinankatu 2, 00170 HELSINKI
11:00〜18:00、土曜10:00〜16:00
日曜休み ※クリスマスや夏季は日曜12:00〜16:00



--------------------------------
lapan02.jpg

そして、ちょこちょこお店をのぞきながら荷物を受け取りにホテルへ。
最後にエスプラナーディ通りを歩いてみました。
街のまんなかに緑あふれる場所があるのがいいですね〜。

ホテルに戻り、ヘルシンキ中央駅までタクシーで向かい、
そこから空港へ鉄道で向かいました。

lapan01.jpg

帰りももちろんフィンエアー!
6泊8日の北欧旅行は以上でおしまいです。
お天気にも恵まれ、3人でおもしろ楽しく旅行ができました。
一緒に行ったK子とAちゃんに本当に感謝です。

憧れの北欧。実際に訪れて本当に大好きになりました。
穏やかな雰囲気や自然の美しさ。
きっとまた訪れるだろうと思います。

  





posted by mona at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシンキ 16年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする