2009年06月09日

京都の旅 大徳寺

0530_46.jpg

京都に来るたび、どこかのお庭を見に行ってるのですが、今回は…大徳寺!と思い、向かいました。堂本印象美術館からバス一本なので楽チンです。
大徳寺のお目当ては瑞峯院。
大友宗麟の菩提寺として建てられ、方丈を囲む庭が有名です。

大分出身の私としては、大友宗麟はなじみ深い戦国大名。
…って言っても歴史に疎い私は、恥ずかしながら何をしたかよく知らないのですが。。
キリシタン大名と呼ばれ、キリスト教に傾倒していたことは知っています。
なぜ大分からわざわざ京都に菩提寺を建てるんでしょうね〜。

ということで瑞峯院へ…。と思ったらまだ開門時間なのに門が開いていない・・
なぜ??と思って受付の人に聞くと、瑞峯院は今、工事中のため公開していないとのこと!
不覚!調べとけばよかった…。

ということで、数年前に一度訪れた時の写真を。
0530_47.jpg
3月だったので、まだ苔の色があまりきれいじゃないけど・・。
重森三玲による蓬莱山式庭園です。

京都に来る楽しみの一つが日本庭園を見ること。好きなんですよね〜。石や苔や樹木が計算されて配置されている庭はアーティスティックで刺激的です。
あまり深く考えずに庭を見ていましたが、最近知った、重森三玲という作庭家のことを知って興味がわいてきました。
重森三玲の庭はモダンな枯山水様式が特徴なのだそう。
0530_49.jpg
私が今まで見てとても好きだった、東福寺・方丈庭園も重森三玲作。

それと、福岡の太宰府市にある、これまたお気に入りの光明禅寺の庭もでした。
0530_48.jpg
これは昨年の10月に撮影したものです。

京大の近くには重森三玲庭園美術館もあり、行きたいなーと思ったものの、予約が必要&時間が決められていたので今回は見送り。松尾大社の庭も見てみたいです。

庭はほかに、龍安寺、詩仙堂、銀閣寺も好きです。
おっと、大徳寺に関係ない話ばかりになったけど、大徳寺は瑞峯院以外にもいろいろなお寺が集まっているので、見所は多いはず。静かでいいところですよ。

ということで、この後は京都駅に向かい、一途帰路につきました。
京都の旅はこれでおしまい。これからは、おみやげを紹介しますね〜。


Casa BRUTUS 10月号





posted by mona at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 09年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする